(2)定款認証

 

発起人会議事録に定めた発起人組合規約(定款)の制

定について、発起人全員で合議の結果下記の通り定

め作成しました。

 

定款作成

 

総則

・商号:発起人会議事録に同。

・目的:同上。

・本店所在地:店舗未定の為自宅住所。

・広告の方法:官報(公募株式払込者向け)。

 

株式

・発行する株式の総数及び額面株式1株の金額:総

 数800株、額面株式1株の金額5万円。

・株券の種類:書式原文に同。

・株式の譲渡制限:同上。

・名義書換:同上。

・質権の登録及び信託財産の表示:同上。

・株券の再発行:同上。

・手数料:同上。

・株主名簿の閉鎖及び基準日:同上。

・株主の住所等の届出:同上。

 

株主総会

・招集:書式原文に同。

・議長:同上。

・決議方法:同上。

 

取締役、取締役会、代表取締役及び監査役

・取締役及び監査役の員数:取締役は5名以内、

             監査役は2名以内。

・取締役及び監査役の選任方法:書式原文に同。

・取締役及び監査役の任期:同上。

・取締役会の招集及び議長:同上。

・役付取締役:同上。

・代表取締役:同上。

・報酬:同上。

 

計算

・営業年度:毎年4月1日から翌年3月31日まで

 の年1期。

・利益配当:書式原文に同。

 

付則

・設立に際し発行する株式:発起人会議事録に同。

・最初の営業年度:会社成立日から3月31日迄。

・最初の取締役及び監査役の任期:書式原文に同。

・最初の取締役及び監査役:発起人他親族。

・発起人の氏名、住所及び引受株数:発起人会議事

 録に同。

 

原本証明

・社名:発起人会議事録に同。

・日付:定款作成日記入。

・発起人記名押印:記名、印鑑証明印押印。

 

定款書式は日本会社実務センターから購入したもの

を用いて作成しました。

作成した定款原本と副本2通に各発起人は印鑑証明

書を添えて、最寄りの公証人役場に赴き、公証人の

面前において各発起人は記名押印を自認する旨陳述

を行い定款は認証されました。

 

他の発起人を代理する場合には委任状の添付を要し

定款認証には、印紙4万円、認証料5万円、定款謄

本1通1,750円と発起人印鑑証明書交付代5通1,000

円を要しました。

 

公証人認証

 

作成した定款原本と副本2通に各発起人は印鑑証明

書を添えて、最寄りの公証人役場に赴き、公証人の

面前において各発起人は記名押印を自認する旨陳述

を行い定款は認証されました。

 

他の発起人を代理する場合には委任状の添付を要し

定款認証には、印紙4万円、認証料5万円、定款謄

本1通1,750円と発起人印鑑証明書交付代5通1,000

円を要しました。