(11)全国宅地建物取引業保証協会入会

 

平成8年10月30日に公益社団法人全国宅地建物

取引業保証協会への入会申込を致しました。

 

公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会は保証協

会員を相手方とする宅地建物取引で財産上の損害に

関する事態が生じたときに解決に努めるものです。

 

全国宅地建物取引業保証協会は営業保証金として主

たる事務所につき10,000,000円・その他

の事務所につき5、000,000円の割合による

金額の合計額を主たる事務所の最寄の供託所に供託

しなければならないのです。

 

営業保証金は、協会員を相手方とした宅地建物取引

により購入者が被った損害に対する弁済業務保証金

に宛てる為のものなのです。

 

その一方で、宅地建物取引業法(第64条)には弁済

業務保証金制度も定めています。

 

東京都宅地建物取引業協会に加入すると、全国宅地

建物取引業保証協会にも原則同時入会することにな

り、営業保証金の供託が免除され、全国宅地建物取

引業保証協会に弁済業務保証金を預けることで会員

になれるのです。

 

弁済業務保証金としては主たる事務所につき600,

000円・その他の事務所につき300,000円

の割合による金額の合計額を公益社団法人全国宅地

建物取引業保証協会へ納付することで済みます。

 

平成8年12月12日に公益社団法人全国宅地建物

取引業保証協会への入会が承認され、平成8年12

月20日に弁済業務保証金600,000円を納付、

致しました。

 

これにより、宅地建物取引業に伴うトラブルが生じ

た際への備えを整えました。