(16)マンション管理業者登録

 

「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」

が平成12年12月8日に制定されたことにより、

会社営業目的の不動産の管理に概当することから新

規事業参入することに決断致しました。

 

法の目的は、土地の高度利用化の進展に伴いマンシ

ョンの重要性が増大している状況に対応するため、

マンション管理士及び管理業務主任者の国家資格を

創設し、マンション管理組合の適正な運営に関与し、

マンションの良好な住環境の確保を図ることであり、

 

マンション管理組合の運営や長期修繕計画やその他

マンション管理についてのあり方を定めており、マ

ンション管理適正化センターとの連携及び情報・資

料の提供について定めています。

 

マンション管理士は登録された専門的知識をもつも

のとして、マンション管理組合や区分所有者の相談く

に応じ、マンション管理組合の適正な管理運営につ

いて、助言や指導等を行うことを業としています。

 

マンション管理組合から委託を受けてマンション管

理業者がマンション管理組合の会計の収支の調定及

び出納・マンションの維持又は修繕に関する企画又

は実施の調整等を含む管理を行うものと規定され、

 

マンション管理業者はマンション管理事務の委託を

受けたマンション管理組合30組合に対し1人の割

合の管理業務主任者を置かなければならないのです。

 

マンション管理業務主任者はマンション管理事務の

受託に際し、マンション管理に関する「重要事項の

説明」をしなければならないと明文化されています。

 

平成13年8月1日に法律施行されることから「マ

ンション管理業務主任者資格登録に係る実務講習」

を受け、平成13年12月14日管理業務主任者試

験の受験料8,900円を振込、試験に合格し平成

14年3月25日管理業務主任者に登録されました。

 

それを待って、平成14年4月12日登録税90,

000円の納付領収書を添付して、マンション管理

業者の登録を申請して、平成14年8月20日に国

土交通大臣から登録した旨の通知を受けました。