(8)事務所(店舗)開設

 

当初、会社所在地は自宅住所で会社設立登記をして

おきましたが、不動産屋を開店するには相応しくな

いことから、先に取引を開設していた銀行支店へ店

舗事務所用賃貸物件の紹介依を頼致しました。

 

数日後、銀行支店と取引のある地元動不産屋から、

店舗事務所用賃貸物件を銀行支店経由で紹介され、

地元不動産屋と内見日時を打合せた上、物件の内見

を致しました。

 

間口2m程度の奥行きがある物件で、場所的には不

動産屋開業に相応しいとは言い難い物件ではありま

したが、都心付近では相場相応であり、更に上を求

めるには予算オーバーで、内見物件に決めました。

 

日を改め、仲介不動産屋に赴き内見物件の家主と対

面して、賃貸借契約書を取交わしました。

 

賃貸借契約物件には前払家賃月額144,200円

水道光熱費は実費割、差入保証金1,000,00

0円、仲介手数料に家賃1ヵ月分を要しました。

 

事務所の間取りを考慮して、机椅子・応接セット・

コピー機・パソコン・プリンター・電話器・FAX・

小型冷蔵庫等の配置を決めました。

 

経費節約の上から机椅子は知り合いの会社から不要

になった机椅子を4セット無償で譲受致しました。

 

机椅子4セットをレンタカー代7,098を支払い

妻と2人で事務所へ運び込みました。

 

パソコン・プリンターはレインズが推奨している世

に出て間もないウインドウズ95とプリンターをセ

ットにして528,100円で購入致しました。

 

電話器・FAX器共工事費込みで78,020円・コ

ピー機242,000円・応接セュト64,700

円・その他の物250,000円余を最寄りのデス

カント店等で取り揃えました。

 

その後、車両取得に伴い駐車場賃貸借契約において

敷金48,000円・パソコン修理代123,27

8円の支払いを行いました。